星島貴徳被告の本性とは?

東京都江東区のマンション女性殺害事件で、殺人罪などに問われている星島貴徳被告が第3回公判で「地獄でおわびする。本当にすみませんでした」と遺族に謝罪する発言をしたそうです。
今回の発言を聞いてもなんだかこの男は自分の発言に酔っているように感じます。写経を2000通書いたということですが、これらもすべては反省をアピールするための行為で、単に字を書き写しているだけでしょう。人の心があれば、罪のない女性を殺めるということはなかったはずです。死刑直前に錯乱するタイプでしょう。

花粉症予防-スイスの大学が開発
花粉症とブタクサ情報
セイタカアワダチソウと花粉症情報
レム睡眠情報
電子タバコの販売店情報