J1で期待の10代選手が登場か?

どんなプロスポーツも若手の、特に10代の選手が台頭してくると活気付くものだが、森本以来の年少選手に注目が集まっている。

とはいえ、Jデビューを果たしただけで、サッカーという団体競技では個人の年齢などあまり関係ないだろう。

ポジションがFWということで将来が期待されるが、10代に話題になった選手はその後が芳しくないのも日本人選手の特長だ。今度こそ期待を裏切らない選手であることを願います。

J1第25節最終日の21日、京都ユース所属の16歳、FW宮吉拓実(みやよし・たくみ)がJデビュー戦で観客を魅了した。G大阪戦に後半27分から出場し、いきなりスルーパスを通すなど才能の片りんを披露。16歳1カ月14日でのリーグ戦出場は森本貴幸(元東京V、現カターニア)に次ぐ歴代2位の年少記録となった。試合はG大阪が京都に2―1と競り勝ち、リーグ戦7試合ぶりの勝利を挙げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000026-spn-spo

スチームクッカー情報
蒸し鍋料理情報
ケフィア倶楽部情報
homestar spa(浴室用プラネタリウム)情報
八王子皮膚科情報