無責任総理が残した膨大なツケ

次期総裁は麻生太郎という路線が強いようだが、誰がやっても短命内閣に終わるだろう。これは想像ではなく事実となる公算が高い。

また、解散総選挙の期日が前倒しになる可能性は非常に高く、自民党を一度野党として外から政治を見る機会を与えようと考えている国民は多いはずだ。

福田といい安倍といい、平成の無責任ツートップが招いた混乱は、後戻りできないほどのダメージを国民に与えている。

福田康夫首相の退陣表明を受け、自民党は2日午前から後継総裁を決める党総裁選に向けた動きを加速させた。福田首相は党本部で開かれた役員会で突然の退陣表明を謝罪し、理解を求めた。総裁選日程は同日午後3時からの総裁選管理委員会(臼井日出男委員長)で正式決定するが、「8日告示-20日投開票」案が有力視されている。麻生太郎幹事長は役員会後の記者会見で「首相がやってきたものを引き継ぐ資格はあると思っている」などと述べ、出馬を表明した。告示日前後に正式に出馬表明する考えだ。対抗馬としては、小池百合子元防衛相や石原伸晃元政調会長らの名前が浮上している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000915-san-pol

アガットの結婚指輪情報
ショーメの結婚指輪情報
俄の結婚指輪情報
結婚指輪のランキング情報
結婚指輪のミキモト情報