アラスカ州知事の長女が17歳で妊娠?

新しい生命の誕生にケチをつけるつもりはないが、母親であるペイリン・アラスカ州知事も今年の春に5人目を出産していて、さらに長女が妊娠中という驚きの事実が公表された。

これがイメージダウンとなるかどうか世論の判断を見てみたいが、いくら米国でも支持者の反感を買ったのではないかと思っている。

米共和党の副大統領候補に抜てきされたばかりのペイリン・アラスカ州知事(44)は1日、声明を出し、長女のブリストルさん(17)が妊娠5カ月で、おなかの赤ちゃんの父親と結婚する予定だと明らかにした。出産予定は大統領選後の12月という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000024-jij-int

自賠責保険の料金
銀座三越ラデュレのマカロン
メタボリスクとは?
アイスプラントでメタボ解消
固定電話の加入権