教員不正採用事件の大分県が新学期

不正採用事件で大揺れの大分県の教育現場だが、9月1日から新学期が始まった。不正採用が明るみになった教師は採用取消の処分となったが、児童生徒は登校したら「先生がいなくなった」というような事態に見舞われている。

さらに不正採用となった教師も、家族や周囲が不正を働いたため、自ら不正に手を染めた実体や実感は無く、涙を見せる教師もいたという。

教師にも子供にも虚脱感のみが残る結果となった前代未聞の不正事件。せめて、この悲劇が大分県だけであることを祈るのみだ。

東急ハーヴェスト情報
不燃材料の情報
文芸社ビジュアルアート情報と評判
韓国語の日常会話
dahon(ダホン)のメトロ