オール電化のメリットと優位性

オール電化住宅とは、オール電化の設備が整った住宅のことをいいます。オール電化住宅を具体的にいうと、給湯、冷暖房、厨房を全て電気で賄うように設計された住宅といえるでしょう。

オール電化にするには、調理器具を電化製品に変えたり、電気のコンセントにつなげばいいといった単純なものではなく、住宅全体をリフォームする必要が出てきます。

オール電化住宅では、電気温水器、IH調理器、床暖房システムの3つが大きな柱となりますが、これらは通常の100Vでは足りず200Vを使用します。

オール電化住宅は、高断熱・高気密で、計画換気が前提として建てられますので、これだけでも快適、温度調節がしやすく年中快適に暮らせます。

オール電化のメリットと優位性