看護師資格|看護師の資格を取得しよう

看護師の資格をとるには

看護師の資格は、医療系の資格の中でも高齢化社会を迎えてますますニーズが高まっていて、突出して看護師の資格は人気があります。

高齢化社会の影響や医療技術の高度化に伴って、看護師の必要性は高まっていて、その活躍の場は広がってきています。

看護師の資格は国家資格であり、国から指定されている養成学校を卒業すると、その受験資格を得ることができます。

看護師の養成学校には、看護大学や短大の看護科、看護関係の専門学校などがあり、入学試験は比較的高倍率となっているのが現状です。

ただ、養成学校を卒業すれば、看護師の国家試験の合格率は90%以上です。国家試験の中では、合格しやすい部類の試験と言えるでしょう。

また、これ以外にも、中学を卒業して、准看護師等を経て国家試験に臨む選択肢もありますが、あまり一般的ではありません。

資格を取るための国家試験は、年に1回、全国の主要都市で行なわれます。

看護師は、「白衣の天使」のイメージがあるせいか、長らく女性の職業ととらえられがちでしたが、近年は、看護師の資格取得を目指す男性も増えてきています。

高齢化社会を迎えて、看護師のニーズは、今後もますます高まっていくと思われます。


看護師資格と准看護師資格の違い

看護師

看護師は高等学校(看護科、専攻科の5年間)、看護専門学校、看護短大、看護大学で養成教育が行なわれ、卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られるます。実際には卒業見込みの段階で国家試験を受験できますが、最終的にその年度で卒業できなければ、試験で合格点以上を獲得しても不合格扱いになります。国家試験に合格すると、厚生労働大臣から看護師免許が交付され、看護師としての活動が可能になります。准看護師に対して俗に正看護師(略して正看)と呼ばれることもあります。

准看護師

准看護師(じゅんかんごし、略称・准看)は准看護師学校(准看護師養成所)卒業後、都道府県知事試験の受験資格が与えられ、知事試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付されます。法・制度的な看護師との違いとしては准看護師は知事免許であり国家免許ではないこと、看護業務を医師、歯科医師または看護師の指示を受けて行なう(保助看法第6条)ことがありますが、それ以外の職務内容等については特に看護師との違いや規制は設けられていません。そのため看護師と同様に看護業務を行っていながら、看護師ではないという事から給与水準が低く抑えられている実態があります。

看護師資格|看護師の資格を取得しよう