レイシック|視力回復のレイシック

レイシックとは

レーシックは、視力回復手術の中で最も有名な方法です。

レーシックは、2005年のアメリカでは130万症例を超えていて、プロゴルファーのタイガー・ウッズがレーシックにより成績を上げたという話が広まり、多くのプロスポーツ選手もレーシックを受けるようになっています。

レーシックは、角膜を薄皮一枚めくってレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。その結果、角膜の屈折力が変化し、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせることができるようになり、視力を回復することができるという仕組みの手術です。

目は、カメラでいうとレンズにあたる水晶体のふくらみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせていますが、この調節がうまくできなくなることで視力は低下するのです。


レイシックの利点と欠点

レイシックは、角膜にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手術です。

レイシックの手術は入院する必要もなく短時間で済みます。また比較的成功率も高いので、眼鏡やコンタクトの使用から解放されたい多くの人が受けています。

視力がダイレクトに成績に反映する多くのスポーツ選手なども、レイシックを受けています。

視力回復には最適なレイシックですが、合併症と呼ばれる症状が出る場合があります。このような症状の例としては、ドライアイ、ハロ現象(明るい光にもやが見える)、グレア現象(明るいところがまぶしく見える)などがありますが、これらは一過性で一定期間を過ぎると改善されるものがほとんどです。

レイシックは、成功率が高いのですが、他の手術同様に失敗する可能性はゼロではありません。また、歴史自体も浅いので、長期にわたる安全性が気になる場合は、担当の医師と充分に話合い、レイシックに適合しているかどうかをしっかりとチェックしてから手術を受けるようにしてください。

レイシック|視力回復のレイシック