raid5復旧とraid5豆知識

raid5復旧の前に

raid5:ブロック単位でのパリティ分散記録

raid5は複数のハードディスクに誤り訂正符号データと共に分散させて記録することで、raid3、raid4のボトルネックを回避しています。

現在、raid5は各種raidの「主役」といえるでしょう。raid5で速度面の不満があるなら、使っている台数と同数のハードディスクを追加して raid0と組みあわせるか、サーバを増設し負荷を分散させるとよいと思います。ただし、すでに冗長化されているためraid1との組み合わせには向きません。

raid5のメリット
・raid3やraid4のようなパリティドライブがボトルネックとなりません。
raid5のデメリット
・読み出しは高速ですが書き込みは低速です。
・障害発生時の復元作業が遅いです。
・2つ以上のドライブが同時に故障すると復旧できません。

raid5の復旧が望まれる理由

raid0 は、パフォーマンスの面では優れていましたが、データ保護の機能は全くなかったので、raid5では、ストライピングをベースに、パリティを付け加え、障害に強いストライピングを実現しました。下raid5を3台のディスクで構成していて、1,2番目のデータはディスク1,2にそれぞれ書込まれ、ディスク3には、そのパリティが書込まれます。その後は、パリティの場所は変わりますが、同様に書込まれて行きます。 raid5は、3台以上のディスクがあれば実現できます(最大ディスク数は、raidコントローラによって変わってきます)。この方法では、ディスクが何台になっても、パリティ分として取られるのはディスク1台分ですので、コストパフォーマンスにとても優れています。だた、データを書込む度にパリティを計算しなければならないので、書込み速度は速くありません。 raid5は、データ消失が許されず、かつ、読み出し速度もある程度必要なシステムなどに使われています。

raid5復旧とraid5豆知識