金を借りる|お金を借りるぞ.com

お金を借りる前に

お金を借りる場合、銀行系と消費者金融系があります。では銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。

銀行系からお金を借りる場合、まず利子が段違いに安いです。

目的があってあるお金を借りる、つまり学費や事業、不動産購入などの場合は、数パーセント程度で、消費税の上乗せのような感覚です。

お金を借りる側からしても、自由に使えるお金は手元に残り、ムリのない低金利で月々少しを返済できるなら、借り入れを選択することは魅力的です。

銀行系でお金を借りる場合は、それなりの信用に値する仕事、預金などの取引履歴が問われます。

消費者金融系からお金を借りる場合は、銀行とはかなり異なります。

銀行系との大きな違いは、利子の高さです。10パーセントや20パーセント以上はかかるのが一般的です。

消費者金融からお金を借りる場合は、審査が厳しくて保証人が必要であれば利子が安いものになります。

簡単審査、保証人不要の場合ほど、その部分が高利子になってくるようです。

お金を借りるときの審査について

お金を借りる場合の審査でも、本人の顔と証明書、住所などの個人情報はもちろん、支払い能力があるか、保証人についても調べられます。

テレビなどで有名な消費者金融で、無人審査機などという言葉をききますが、実は機械を通して人力で確認しています。インターネットなどでお金を借りる場合も同様で申し込みと同時に人力で確認しているのです。

お金を借りる場合の審査では、上記にあげた条件以外に、その人の借金歴を調べます。クレジットカードの利用歴がそれなりにあり、きちんと支払いをしていればまずは条件クリアです。

お金を借りるには1度でも滞納を起こしていると、借りれる限度額に影響が出たり、場合によっては業界のブラックリストに載せられて、まともにはお金を借りられなくなります。

まともにお金を借りられず、ヤミ金融に走った場合も、その履歴が残ります。

また、気軽な気持ちで持ったキャッシュカード使用歴は7年間保存され、銀行など金融関係にお世話になるときは情報が参照されます。

お金を借りるときの審査で情報を参照した、という履歴すら残ってしまうので、断られたからといってむやみやたらと渡り歩くことも考えものです。

お金を借りるときに限らずキャッシングの利用は、限度をわきまえることが大切です。

金を借りる|お金を借りるぞ.com