イオ光|ケイ・オプティコムのイオ光

イオ光の概要

●イオ光ネット
あなたのネットスタイルに合わせて選べる3つのコース。究極のブロードバンド生活を実現できる「1ギガコース」から、手軽な料金で光ネットを楽しめる「100Mコース」まで。品質も、速度も、選ぶならeo光ネットです。

●イオ光電話
NTTの中継電話網を使用しないので、格安の通話料で電話を利用できます。近畿2府4県内でのサービス提供エリアが92%だから、加入者間通話が得です。
近畿2府4県内一般電話への通話は7.77円/3分。近畿2府4県外でも8.4円/3分と格安です。さらに、携帯電話への通話も18.9円/分と格安料金です。
イオ光電話の加入者同士はもちろん、ケイ・オプティコム「eo-netフォン」、「TELvision」、「光電話オフィス」への通話も無料です。

●イオ光テレビ
イオ光テレビは、光ファイバーを使ったケーブルテレビサービスです。地上アナログ放送、地上デジタル放送はもちろん、BS・CS放送も見られるので、見たいチャンネルが充実しています。さらにオプションでPPV(ペイ・パー・ビュー)も用意されています。
イオ光テレビはアンテナ・チューナー不要はもちろん、現在使用中のテレビそのままで視聴できます。テレビのチャンネル設定まで行いますので、かんたんに導入することができます。

イオ光に関するQ&A

Q:イオ光導入を検討中です。現在新築中ですが、イオ光を導入するのであれば、壁に電話のモジュラープラグやテレビ端子は設定する必要はないのでしょうか?

A:新築で施工されるのは電話の方は配管のみですが、今後、NTT等の電話に変更する可能性も考えて、通常通り配管だけはしておいた方がいいでしょう。
また、外部からの引き込みとは別に1F-2F間も配管しておくとイオ光電話でも役に立ちます。こちらの方はモジュラージャック付きでケーブルも通しておいた方が良いです。
光ケーブルの方は、電話用の配管などを利用せず屋外ONUでアンテナ用の同軸ケーブルと電話&インターネット用の光ケーブルに分かれて外部から直接引き込みます。ですから、屋内のアンテナ配線は分岐分配方式で施工しておく必要があります。
詳細は、引き込みをどこにして、どのように機器を配置するかにもよりますので、事前によく考えておいた方が良いです。
例えば、イオ光テレビでPPVの有料チャンネルを視聴するならイオ光テレビのSTBに電話線を接続する必要もあります。また、イオ光テレビのSTBをLANに接続できますので、LAN用の配線もしておくといいでしょう。

Q:イオ光のIP電話ならソフトバンクBB、KDD等にかけても通話料金が無料と聞いたのですが本当でしょうか?

A:IP電話を使用してイオ光電話以外のIP電話に通話して無料になるには条件があります。「050ナンバープラス加入(月々280円)+無料提携050接続業者」が条件です。
BBテクノロジー[BBフォン]は有料でKDDI[KDDI-IP電話 BIGLOBEフォン(KD)]は無料です。KDDIでも有料になる提携先が存在しますので、注意してください。イオ光電話にて通話可能なIP電話番号の欄を参照ください。

イオ光|ケイ・オプティコムのイオ光