顔にきび|顔ににきびができたら

顔にきびの概要

●顔にきびってどんなにきび?

顔にきびは、思春期頃から男女に見られる、毛嚢や皮脂腺などにできる皮膚の炎症で、生理的現象の場合もあります。30歳頃には軽快しますが、ときに中年女性の口の周りに現れることもあります。

顔にきびの原因としては、細菌感染よりも、ホルモン関与によるものが多いです。顔にきびには、初潮時に生理的に現れるものもありますが、多くの場合は素因や脂漏体質がまずあり、これに「皮膚を不潔にしている」「食事で脂肪分や糖分を過度に摂取している」「精神不安定」といった条件や、化粧品・便秘・月経・気温・薬剤などが誘因となって生じるのです。

顔にきびには3段階あって、症状の軽いものから順に、毛穴が詰まったもの、ぽつっと赤くなったもの、にきびの中に膿みがたまっているものがあります。後者になるほど症状は重いです。

顔にきびは、軽いものなら日常生活の改善で治ります。例えば、「規則正しい生活」「洗顔や洗髪をきちんとする」「睡眠をきちんととる」「精神的不安を取り除く」「厚化粧を中止する」「運動・食事や便通のコントロールなどを行う」等です。

顔にきび跡・種類

●顔にきび跡の原因

顔にきび跡とは、顔にきびを悪化させた結果できる赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまったりする状態のことです。

顔にきび跡ができる原因としては、主に

・顔にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化させる

・顔にきび発生後の間違ったスキンケアや治療

・適切な治療をせず放置する

・寝具や洗面用具など肌に直接触れるものが不潔である

といったようなことが挙げられます。また、乾燥肌もにきび跡が残りやすくなります。

顔にきび跡ができる原因は、毛穴の中にあるにきび菌(アクネ菌)です。にきび菌は常に毛穴の中にあり、殺菌しても完全に消滅させることはできません。にきび菌は皮脂をエネルギーにしており、皮脂が蓄積すると活動が活発化、毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊してしまいます。

顔にきび跡は、にきびを悪化させた結果できるわけですから、顔にきび跡をつくらないためには、まずにきびができないようにすることと、できてしまったときは治療をきちんとすることが大切です。

顔にきび|顔ににきびができたら