家査定|家を査定するなら

家査定のポイント

家査定のポイントは、立地・デザイン・価格・設備・間取り等いろいろあります。

まずは立地環境の査定から始めましょう。必要なものが近くにあるか、逆にあってほしくないものが近くにないか。

例えば、小さな子供がいたら、学校が近くにある方が便利です。一方、工場やゴミ焼却場、車の通りの多い幹線道路などが近くにあると、健康を害することになりかねません。

家査定のポイントとして次にチェックしたいのは、地盤。地盤の確認のためには、建売住宅の場合、「地盤調査報告書」を建築業者に提出してもらうようにします。万一、業者がこれを提出してこなかった場合、その物件には手を出さない方が無難です。

家査定そのものに関しては、家族構成やライフスタイルに合わせて、どんな建物・間取りがよいかよく査定し、自分たちに適したものを選ぶことが大切です。

中古住宅の家査定

中古住宅の家査定は、新築よりも比較的割安に購入できるという大きなメリットがあります。

では、中古住宅の家査定にはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

まず、中古なのでキズはつきもの。どの部分がどれくらい傷んでいるのかをよく査定します。傷みが目立つ建物の場合は、改修費用がいくらくらいかかるのかも考慮しておかなければなりません。

また、隣地との境界はどこか、電気の容量契約は何アンペアか、ガスの種類、汚水処理の方法等についても、一通り査定しておきましょう。

権利関係については、特に念入りに査定しておく必要があります。例えば抵当権が設定されているかどうかは登記簿謄・抄本を見ればわかります。仮差押えなどの登記がある物件には、基本的に手を出さない方が無難です。

それから、仲介業者には、前の持ち主がなぜこの住宅を手放したのかをよく聞いておきましょう。

家査定|家を査定するなら