包茎治し方|仮性包茎・真性包茎の治し方

包茎の治し方の概要

包茎の治し方で代表的なものに包茎手術があります。包茎手術とは、包茎を改善する手術です。日本人男性の半分以上は仮性包茎といわれ、手術の対象をまぬがれることが多いです。包皮輪が狭くないのなら、普段きれいに洗って垢を落としていればまず心配はありません。しかし、真性包茎や嵌頓包茎の場合は手術する必要があります。

包茎になると包皮がめくれないため、排尿や性行為の妨げとなり、尿路感染症などのリスクが高くなります。これを解消するために、包茎手術がなされます。

子供の包茎の治し方は全身麻酔下で手術されますが、大人の場合は、局所麻酔で日帰り手術となります。

包茎の治し方は、包茎の状態によって異なります。仮性包茎だと、メスを使わずに糸を使った、包皮がむけるように癖付けするための包茎の治し方もあります。真性包茎・カントン包茎は切る手術です。この場合は環状切除が一般的です。手術痕が残らないように切開方法を工夫した包茎の治し方もあります。

包茎手術は痛いというイメージが多いですが、最近は無痛治療を行っている病院も増えてきています。包茎手術を受ける場合、症例数が多いことや、相談にきちんとのってくれること、また専門で包茎手術をしていることを基準として、病院を選ぶようにしましょう。
包茎の治し方の包茎手術はクリニックによって費用も様々です。包茎手術をする場合、まずは親身に相談にのってくれる医者を見つけることです。包茎は、男性にとっては一生の問題とも言えます。手術を受けるとしても、十分な説明を受けてからにしてください。

包茎の治し方の包茎手術で、不当に高額な手術に関しては、消費生活センターに相談するか、弁護士協会にご相談するようにしましょう。

包茎の治し方の前に[真性包茎]

●包茎の治し方の前に真性包茎を知る

真性包茎とは、平常時・勃起時にかかわらず、亀頭部が皮をかぶったままの状態のことを真性包茎という。真性包茎だと自分の手でも剥くことはできない。真性包茎の原因としては、包皮の開口部が小さいことと、包皮と亀頭の一部が癒着していることがあげられる。
真性包茎の場合、亀頭部が不潔になりやすいので、亀頭包皮炎、男性不妊といったものの誘因となることがある。

真性包茎の場合、手術適応となることが普通である。しかし、手術による包皮の切除を伴わない治療や矯正によって、真性包茎を治すことが可能であるとも言われている。例えば、自分で矯正可能な器具である「包茎グッズ」と呼ばれるものがあり、ネットで入手可能。

包茎治し方|仮性包茎・真性包茎の治し方