郵貯投資信託|郵貯の投資信託情報

郵貯投資信託の特徴

郵貯投資信託に限らず投資信託には以下の3つの特徴があります。

1.郵貯投資信託は少額から始められます。

郵貯投資信託は10,000円から購入できます。通常、株式や債券などに直接投資するには、まとまった資金が必要ですが、郵貯投資信託であれば少ない資金で投資を始めることができます。

2.郵貯投資信託は分散投資ができます。

郵貯投資信託は、1つにまとめた資金を株式や債券などに分散して投資するので、リスクの低減を図ることができます。たとえば、投資信託に組み入れられたある投資対象の運用成績が悪くても、ほかの投資対象でカバーすることができます。

3.郵貯投資信託は投資の専門家が運用します。

郵貯投資信託は投資信託委託会社のファンドマネジャーが運用を行います。ファンドマネージャーは高度な専門的知識を持っており(投資の専門家)、投資対象や売買タイミングなどを見極めながら株式や債券などに投資しています。
通常、株式や債券などに直接投資するには、投資対象や売買タイミングを見極める専門的知識が必要となりますが、投資信託であれば、投資の専門家に任せることができます。

郵貯投資信託の種類

郵貯投資信託に限らず投資信託にはさまざまな種類があります。

1.「株式投資信託」と「公社債投資信託」による分類

郵貯投資信託はさまざまな金融商品を組み合わせて運用するため、その種類も多様ですが、大きく2つに分けられます。
1つは株式を組み入れて運用することができる株式投資信託(※)、もうひとつは株式を一切組み入れない公社債投資信託です。またいつでも購入できる追加型(オープン型)と購入時期が限定されている単位型(ユニット型)という分け方があります。
※株式投資信託に分類される郵貯投資信託の中には、実際には債券を中心に投資をする商品もあります。

2.投資対象による分類

「株式を中心に投資をする商品」「債券を中心に投資をする商品」「バランス型」の3つに大きく分けられます。「株式を中心に投資をする商品」は「債券を中心に投資をする商品」よりもリスクは大きく、株式と債券の両方に投資する「バランス型」はその中間に位置します。
バランス型は、様々な銘柄に分散投資するのはもちろんのこと、株式、債券そして不動産投資信託といった値動きが同一ではない資産に投資しますので、分散投資の効果がより一層期待できます。

3.投資地域による分類

投資対象の国・地域でも分類することができます。代表的なものに「国内型」「海外型」、日本を含む世界に投資する「グローバル型」があります。グローバル型は、国内外の株式、債券等の複数資産に分散投資します。

郵貯投資信託|郵貯の投資信託情報