ひらかた家具団地|枚方家具団地

ひらかた家具団地とは?

ひらかた家具団地(枚方家具団地)は、家具関連の組合員で構成する大阪家具コンビナート工場団地協同組合で成り立っています。昭和37年7月に中小家具関連業者有志が相寄り、共存共栄を図り、高度化事業を推進するため、中小企業等協同組合法に基づき、枚方長尾地区に工場団地を形成。 時代の変遷に伴って、家具造りの町から家具を売る街へと変わり、現在のひらかた家具団地となりました。ひらかた家具団地は「すてきな家具に出逢う街」として明るい街づくりを目指しています。また、平成15年5月に「枚方家具団地」と、マークを商標登録しました。

ひらかた家具団地は、1.5㎞の幹線道路の両側に、ずらり21店舗が並ぶ家具・インテリアショップの街並みには、さすが《家具の街》と感じさせられます。
ひらかた家具団地にはきっとあなたが探している家具・インテリアのお気に入りが見つかることでしょう。ひらかた家具団地に一度、脚を運んで見られてはいかがでしょうか。

ラベル: ひらかた家具団地とは?

ひらかた家具団地|枚方家具団地