microaceマイクロエース

マイクロエースのプラモデル

マイクロエース(MICRO ACE 旧称:有井製作所)は、鉄道模型及びプラモデルのメーカーです。

マイクロエースは、かつてはプラモデルを主製品としていましたが、現在は鉄道模型の新製品開発に経営の主軸を移して、プラモデル部門は旧製品の再生産を継続しています。

マイクロエースにおけるプラモデルの分野では、超時空シリーズ(マクロス・オーガス・サザンクロス)等、キャラクター模型メーカーとしてモデラーに広く認知されています。マイクロエースの代表的な商品として、珍作キットとして一部で有名な『超時空騎団サザンクロス』のラーナ少尉などがあります。

マイクロエースの有井(アリイ)時代は世間の流行に合わせてキットを開発する傾向が強く、駄菓子屋的感覚で製品の質よりもタイムリーさを狙った物が多いです。1980年代のガンプラブーム時にはオリジナルストーリーブック(ミニサイズの漫画)が付属した「ザ★アニメージ」シリーズ、当時CM等で話題になったエリマキトカゲやラッコといった動物、1990年の湾岸戦争直後のパトリオット/スカッドミサイルのシリーズなどをリリースしていました。

特に、1987年にフジテレビのバラエティー番組『笑っていいとも』ならびに『オレたちひょうきん族』の番組中で流行った吉永小百合の歌・『奈良の春日野』の「鹿のフン」(尻からプラスチック玉のフンを出すマンガチックな鹿の模型)は話題になりました。プラモデルがキャラクター関連のプラモデル全盛期の余波で潤っていた模型メーカーに開発力があり、若年層が積極的にプラモデルを購入していた時期のエピソードです。

ラベル: マイクロエースのプラモデル