ラブレス青山LOVELESS青山

ラブレス青山関連サイト

ラブレス(LOVELESS)青山は2004年7月にオープンしたセレクトショップで、三陽商会が運営しています。ラブレス青山は英国のバンド「マイブラッディバレンタイン」のアルバム名が店名の由来とのこと。ラブレス青山は店舗の内装、書籍とファッションの融合、商品のセレクト、どれをとっても見所満載です。

ラブレス青山は他のショップではあまり取り扱いのないブランドや商品、地下に広がるダークエリアは必見です。ラブレス青山の1F には、パリの老舗バゲージブランドGOYARD(ゴヤール)のバゲッジやバッグ、手帳などの小物が上品に並べられています。またB1とB2のスペースは、薄暗い照明で古びた館を思わせる内装になっており、ショッピングという宝捜しができそうな雰囲気です。また、ラブレス青山のB1は洋書や雑誌の販売、B2 は、個性派ブランドのセレクトが中心で、mastermind(マスターマインド)の服やショーケースに入ったericksonbeamon(エリクソンビーモン)のアクセサリーは美術品を見ているようです。


ラブレス青山の姉妹店

ラブレス青山の姉妹店としてハイエンドなファッションで人気の「カラー・バイ・ナンバーズ」。ラブレス青山などセレクトショップといえば海外ブランドを扱う店が多いなか、「ファンデーション・アディクト」「グリーン」など、話題の国内ブランドを中心に集めた品揃えで大人気に。新作の発売日には、オープン前から行列ができることもあるというから驚きです。
「いろんなテイストを取り入れながらリアルクローズに仕上げる、ミクスチャーのセンスにかけけては国内ブランドは世界レベル。ぜひ実際手に取ってご覧になってほしいですね」とプレス担当の佐藤伸雄さん。
ファッション以外にも、JAMOアソシエイツが手がけた空間デザインや、さりげなく置かれた、ロンドンの新進アーティスト、マティアス・A・メデュリの作品など、気になるポイントが盛りだくさん。“ネクスト・トーキョー”をあらゆる面から感じることができるスポットです。

ラブレス青山LOVELESS青山