仮性包茎net包茎の治し方

仮性包茎ってどんな包茎?

仮性包茎とは包茎ではない正常な陰茎でも非勃起時にはふつう包皮に覆われますが、これは包茎とは別のもので、これを仮性包茎と言います。「仮性」は医学で使われる言葉で、ある病気・症状に似ているが起因が別であるものに付けられ、一方の真性は真症のものに付けられる言葉です。

「仮性」「真性」という言葉の語感からか、むしろ「仮性包茎は真性包茎と同じく異常だが、日常生活の上では問題がない程度の病状」という誤った認識が半ば常識化しているという現状があります。こうした現状を包茎手術を行う医療機関が煽っているという指摘もあるのです。

なお、仮性包茎の男性は性交の場において女性から侮蔑されるとの俗説があるのも事実です。そのためか、「包茎」は相手の男性を女性経験に乏しいものと決め付ける罵倒語として使われることがあります。

(なお、女性の陰核が陰核包皮に包まれている状態も包茎と言います)

ラベル: カントン包茎, 仮性包茎, 包茎, 真性包茎


包茎とは?結構多い仮性包茎

包茎とは男性の亀頭を包む包皮が、勃起時に容易に亀頭の根元まで反転できない場合を包茎 (特に真性包茎とも) と言います。包茎自体は病気ではなく、感染症による亀頭と包皮の癒着や、無理な力で反転された包皮の傷跡の硬化などによる、一種の後遺症と考えられています。ただし動物(哺乳類)の多くでは、亀頭部分を保護する目的から、包茎ないし表皮の下に埋もれている事が常態で、勃起時にのみ突出します。

包茎といっても様々な症状があって、陰茎に於いて手で容易に剥いたり戻したり出来る場合は仮性包茎といい、日本の成人では60%程度が同種の状態であるといわれています。性交するという機能面では問題はありませんが、不潔だとするイメージもあり、当人の劣等感の元となるケースが見られます。成人の包茎(真性包茎)人口割合は約1%から2%と推定されていますが、どちらも基本的に勃起の妨げに成らないのであれば機能上に於いて問題無い(女性を妊娠させる事が可能)と言えますが、真性包茎の極端なケースでは、亀頭との癒着部分や先端部が無理に伸ばされる事によって、勃起時に激しく痛みを訴える人もいます。

包茎を見極める時期ですが、器官の発生過程において亀頭と包皮は表皮が繋がっていて、発育と共に亀頭と包皮は分離します。分離がすべて終わって、包皮を反転し亀頭を全露出することが可能になる時期は、誕生期から思春期の終わりまでで、人によって非常に大きな差があります。統計的には、半数が約10歳までに包皮を反転可能になり、残り半数は思春期の終わりまでに反転可能になることが知られています。

ラベル: カントン包茎, 仮性包茎, 包茎, 包茎手術, 真性包茎

仮性包茎net包茎の治し方